日本の芸術家が水漏れのときにやりそうなこと

    No Comments

    芸術家というのはなんでも芸術にしてしまうわけですが、
    日本の芸術家が水漏れを起こしたときにはそれを洪水などに見立てて
    アートにしてしまいそうな気がします。
    特に台風などが来た時期に見立てて、家の中に侵入してきた台風
    と言った感じの作品を作るのではないかと思います。
    あるいは水漏れをしている状況のほうがインスピレーションが湧くといって、
    その状態のまましばらく放置をして芸術作品を作り上げたりするような気もします。
    それとも意外に日本の芸術家というのは生真面目なものですから、
    このような状況では芸術が真っ先に出てくるのではなく
    慌てて修理業者に連絡をして直してもらった後に、
    芸術に活かすことができたと後悔してそうな気もします。

    Categories: 芸術論

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です